FANDOM


Home > 登場人物 > レオポルド・ストラウス


It's a nasty world out there, and it's catching up with us...
―Leopold Strauss

レオポルド・ストラウスはレッド・デッド・リデンプション2の登場人物。

ヴァンダリンの資産管理や融資といった財政を全て担当している。真面目でずる賢い性格をしており、高利貸しに最適な人材といえる。

人物の概要編集

レオポルドストラウスはオーストラリアを母国にもつ初老の男性。アメリカへと移住した際に、ダッチに誘われる形でヴァンダリンに入団している。それ以降、ギャング団の全般的な資産管理を任されている。

ゲーム中の活躍編集

ヴァンダリンの多くのメンバーと共に雪山に逃げ込んだひとり。

西へと進みバレンタインに到着したヴァンダリンのメンバーがそれぞれの役割をこなす中で、彼は高利貸しをすることで資金を集めようとする。

しかし、アーサーに利息の取り立てを頼んだ際に、罪なき人々を騙し、被害者の生活が成り立たない程に金を毟り取っていた事が発覚してしまう。全てを奪い取られ食事にも有り付けない被害者とその子供を目の当たりにし、怒り狂ったアーサーにヴァンダリンから追放されてしまう。(高利貸しとその他の罪1〜3)

エピローグではレオポルドがピンカーソン探偵事務所に捕まっており、ヴァンダリンに関する情報を一切話す事なく、勾留中に死亡していたことが判明する。

トリビア編集

  • 追記お願いします。

ギャラリー編集

登場人物リンク編集

ヴァンダリンのメンバー