FANDOM


Home > 登場人物 > メアリー=ベス・ガスキル

Gentlemen, I think I've got something good.
―Mary-Beth Gaskill


メアリー=ベス・ガスキルレッド・デッド・リデンプション2の登場人物。

一見すると親切で気立ての良い若い女性に見える詐欺師。被害者が「騙された!」と気づいた頃には、すでに金目の物と共に姿を消している。

人物の概要編集

メアリー・ベスは親切で慈愛に満ちた女性である、と思わせる演技が得意な詐欺師。笑顔の裏側では騙されているターゲットを小バカにする犯罪者としての性格が隠されている。最もそれを被害者が知るすべはないのだが。

ゲーム中の活躍編集

※この項目は英語版Mary-Beth Gaskillのページを元に翻訳・作成されています。翻訳にご協力ください。

ヴァンダリンがフェリーでの強盗に失敗した後、メアリー=ベス・ガスキルは他のヴァンダリンのメンバーと共に西の雪山に逃げ込む。物資不足と酷い吹雪が続く中で、アーサーダッチの尽力により生き残ったメンバーと共にヴァレンタインにたどり着く。

しばらくはヴァンダリンのメンバーとして逃亡を続けるが、ダッチが過激な判断を行うようになると、ヴァンダリンを離れて家族と暮らすようになる。

メアリーベスに関するサブクエストを進めていくと、過去にアーサーと恋人関係にあったことが明らかになる。

トリビア編集

  • 他のヴァンダリンのメンバーとは違い、西部に家族がおり、しっかりとした生活基盤がある。
  • ゲームクリア後にバレンタインにある列車の駅にて見つけることができる。
  • 彼女は自らが小説家になったことを告げると、列車に乗り去ってゆく。

ギャラリー編集

登場人物リンク編集

ヴァンダリンのメンバー