FANDOM


Home > 登場人物 > ホセア・マシューズ

I wish I had acquired wisdom at less of a price.
―Hosea Matthews

ホセア・マシューズはレッド・デッド・リデンプション2の登場人物。

ダッチとは20年来の親しい友人であり、ヴァンダリンで彼の右腕を務めてきた人物。

人物の概要編集

※この項目は英語版Hosea_Matthewsのページを元に翻訳・作成されています。翻訳にご協力ください。

ホセア・マシューズは知的な芸術家にして、熟練した詐欺師。彼は頭の回転の早さを活かし、どのような危機的状況でも巧みな話術を駆使して切り抜けて来た。

彼はアーサーダッチが好むような暴力行為を得意としていないが、綿密な計画を立てることに長けている。その高い計画性と演技力でターゲットとした人物の武器を奪い、無力化してから強奪を行う手法を得意とする。

ホセアはダッチは1878年に知り合って以来の親友であり、ヴァンダリンのメンバーにはダッチの右腕として信頼されている。1899年に強盗に失敗し、ブラックウォーターから逃げ出した頃にはヴァンダリンの中でも高い地位と信頼を築いており、アーサー以外ではダッチに意見できる唯一のメンバーになっている。

しかし、逃亡生活を続ける中でダッチが暴君的に振る舞い、暴力的な手段を多様するようになると、暴力的な解決方法を嫌うホセアは今後の関係に関してを考えるようになる。

ゲーム中の活躍編集

※この項目は英語版Hosea_Matthewsのページを元に翻訳・作成されています。翻訳にご協力ください。

ギャラリー編集

登場人物リンク編集

ヴァンダリンのメンバー