FANDOM


Home > 登場人物 > ピアソン

The people are happy and well fed. I think perhaps we'll be ok.
―Molly O'Shea


ピアソンはレッド・デッド・リデンプション2の登場人物。ヴァンダリンのキャンプで肉担当の料理人。

短期間だが海軍に従兵していた過去があり、そのことに関して長々と話すのを好む。

アウトローに落ちぶれた自分の人生を受け入れずに否定している。

人物編集

ピアソンは禿げた茶色の髪と口髭を持つ、ふくよかな中年の男性。現状に納得しておらず、すぐに海軍時代の話題を持ち出し長々と話続ける癖を持つ。

ゲーム中の活躍編集

※この項目は英語版Pearsonのページを元に翻訳・作成されています。翻訳にご協力ください。

RDR2 ピアソンの店

ゲームのクリア後はローズにある彼の店を訪れることができる。

ピアソンは1899以前からヴァンダリンでの肉の処理と調理を担当している人物。短い期間だがアメリカ海軍に従軍した経験を持っており、何かにつけてその時の事を長々と話したがる。アーサーを含むヴァンダリンのメンバーは空気を読まない彼の長話に辟易としており、雑に会話を打ち切る事が多々ある。

物語の序盤から終盤にかけて、ピアソンはアーサーや他のメンバーが狩ってきた獲物を処理・調理する役割を持ち、メンバー達の士気を高めるのに貢献する。

しかし、第6章の中盤にヴァンダリンが崩壊し始めると、更に深刻な問題が発生する前にギャング団から離脱してしまう。

ピアソンの離脱後は彼について触れられる事はなく生死も不明だったが、エンドクレジットの映像で自分の店を経営しながら幸せな生活を送っている旨が描写されている。

ピアソンが登場するミッション編集

トリビア編集

  • ゲームクリア後のエピローグではローズにある彼の店を訪れ、利用することができる。
  • ゲーム終盤にヴァンダリンを抜ける彼だが、"家族"の事は大切に思っているようである。その証拠に彼の店にはヴァンダリンの集合写真が飾られている。

ギャラリー編集

登場人物リンク編集

ヴァンダリンのメンバー