FANDOM


Home > 登場人物 > ダッチ・ファン・デル・リンデ

THEY'RE CHASING US HARD. BECAUSE WE REPRESENT EVERYTHING THAT THEY FEAR.
―Dutch Van Der Linde

ダッチ・ファン・デル・リンデ(ダッチ)はレッド・デッド・リデンプションシリーズを通しての登場人物。

卓越したカリスマ性と知識・経験によって西部のアウトローを集めたギャング団「ヴァンダリン」のリーダーを務める。

人物の概要編集

※この項目は英語版Dutch van der Lindeのページを元に翻訳・作成されています。翻訳にご協力ください。

ダッチは西部開拓地で活動するギャング団「ヴァンダリン」を率いるリーダー。彼は何よりも自由を愛し、義賊のようなとしての生き方に誇りを持っている。アウトローに成り立ての頃はコルム・オズ・ドリスコールと良い関係を築いており、その頃にホセア・マシューズと出会い、ヴァンダリン団を共に立ち上げている。

1899年にブラックウォーターでフェリーでの強盗を失敗してしまい、ブラックウォーターから逃げ出すことになる。逃亡生活を続けながらも、自らが掲げる「自由」と「独立」をヴァンダリンのメンバーと実現しようとするが…。

ゲーム中の活躍編集

※この項目は英語版Dutch van der Lindeのページを元に翻訳・作成されています。翻訳にご協力ください。 ダッチ・ファン・デル・リンデのゲーム中の活躍を記載してください。

トリビア編集

  • ダッチが政府を嫌う理由の1つに自分の父親が南北戦争で連合軍と戦い、ゲティスバーグで戦死したという設定がある。

ギャラリー編集

登場人物リンク編集

ヴァンダリンのメンバー