FANDOM


Home > 登場人物 > ジョン・マーストン

Guess about all I got left now is doubts. Doubts and scars.
―John Marston


ジョン・マーストンはレッド・デッド・リデンプション2の登場人物。

かつては孤児として路上生活をしていたが、12歳のときにダッチに拾われ、ヴァンダリンに入団した。 抜け目がなく、大胆不敵で強い意思をもっている。

人物の概要編集

※この項目は英語版John Marstonのページを元に翻訳・作成されています。翻訳にご協力ください。

ジョン・マーストン(ジョン)は1873年にニューヨークで生を受けた男性。彼の父親はスコットランドからの移民で、母親は売春婦でジョンの出産時に亡くなっている。父親はシカゴの南にあるバーでの争いで両目とも失明してしまっていた。

父親もジョンが8歳の時に死亡してしまい、ジョンは孤児院に送られることになる。この孤児院での生活は彼が1885年に彼が12歳の時に脱走に成功するまで続くことになる。脱走後に切っ掛けは明らかになっていないが、ヴァンダリン・ギャングに入団している。入団後にジョンはダッチホセアによって射撃、狩猟、読み書きと生き残る手段を教え込まれた。

John became an outlaw and gunslinger. He ran with Dutch, Bill Williamson, Arthur Morgan, Javier Escuella, and several others, committing robberies, raids, murders, kidnappings, and other crimes across the frontier. The gang acted as a family, and John began to view his fellow gang members as "brothers". Marston had fallen under the sway of Dutch's philosophy, believing that the gang stole and fought for a reason. In stealing from the rich, they in turn gave to the poor. They wanted to elicit change in the people of the West, although he later came to admit that these were excuses to let them rob and steal indiscriminately.

In 1894, a prostitute named Abigail Roberts joined the gang. Despite having sexual relations with most of the gang members, she eventually fell in love with John. Together they had a son named Jack. The gang became an extended family to Jack, with most of the members becoming aunts and uncles to him. Around the time Jack was 1 year old, John left the gang for a year. His return was met well with Dutch and certain other members of the gang, whilst Arthur Morgan felt betrayed by his actions. A rift between the two steadily grew over the next few years.

ゲーム中の活躍編集

※この項目は英語版John Marstonのページを元に翻訳・作成されています。翻訳にご協力ください。


トリビア編集

  • ゲーム本編をクリアしたプレイヤーが操作することになる、第2の主人公。彼を操作してエピローグを続けていくと、初代レッド・デッド・リデンプションに繋がる隠しエンディングを見ることができる。

ギャラリー編集

登場人物リンク編集

ヴァンダリンのメンバー